今日は、これを伝えよう。

人生 笑って楽しもうよ

コーヒー豆の鮮度で、ハンドドリップのここが違うよ

わたしがハンドドリップコーヒーを始めた頃、買ってきたばかりのコーヒー豆はいっしょだと思ってました。でもいざ淹れてみると、ドリップは豆を買うたびに違ってて「なんでかなぁ?」と不思議に思い、わからなかったのです。でもドリップの回数を重ねるうちに、豆の鮮度具合でドリップに違いがあるとが分かったのです。

 

そんな疑問を持っている人も多いのでは?ないかと、そこで今回はコーヒー豆の鮮度でドリップのどんな違いがあるのでしょうか?

【目次】

鮮度はどこで分かるの?

コーヒー豆を買う時って、新しい豆なのか?古い豆なのか?どれも同じように見えて分からないです。では豆の鮮度が分かるのはどこでしょう?それはハンドドリップの蒸らしです。

 

蒸らしで豆の膨らみ具合で鮮度が分かります。新しい豆は「ぷく~っ」とまるで肉まんのように膨れますが、豆が古くなればなるほど、徐々に膨らみ具合は少なくなり、ほんとに古い豆だとほとんど膨らみません。

 

お湯の温度の違い

新鮮な豆だとお湯の温度にも幅ができます

  • 74℃以下は低すぎで、十分な蒸らしが出来なく、コーヒーの成分をほとんど抽出できません
  • 75~79℃はやや低すぎで、苦みが抑えられて、酸味が出やすい
  • 80~84℃は適温で、焙煎度や豆の種類による違いがストレートに出やすい
  • 85~89℃はやや高めで、酸味が抑えられ、苦みが出やすい

同じ豆でも注ぐお湯の温度の違いで、出来上がりの味も変わってきます。だけど実際そんなに極端に変わるものではなくて、ほんと微妙な違いです

 

しかし古い豆は88~90℃が適温で、成分が出やすいです。わたしは苦いコーヒーが好きなので、それよりも少し高い92,3℃で淹れてます

 

ドリップ時間の違い

抽出する時間は、3分以内と決めてます。理由は3分以上だと雑味成分が出やすく、お湯の温度も下がるので出来た珈琲もおいしくないからです

 

それから一回に注ぐお湯の量は、膨らんだドームの土手を壊さないように注ぎます。なのでたくさんの量を1度に注ぐと土手が壊れてしまい、上手く抽出できません

 

蒸らしの膨らみ具合で、1回のお湯を注ぐ量やスピードが違います。

  • 新鮮な豆はしっかりと膨らむので、お湯の量やスピードが調節できるので平均2分30秒~3分と3分以内に収まります
  • 古い豆はあまり膨らまないので、お湯の量やスピードが調節できないので平均3分10秒~3分20秒と3分以上かかります

出来上がりの味

新鮮な豆と古い豆を飲み比べると、古い豆はやっぱり味や風味が新鮮な豆よりは感じられず、おいしさも全然違います

まとめ

鮮度を見極める蒸らしはとても大切です。もし買った豆が古かったら、早めに使い切りましょう。それからコーヒー豆は焙煎後、徐々に劣化して新鮮な豆でも日数がたつにつれて味や風味がおちてきますので、ドリップの時は蒸らしの状態をよく観察するといいです

 

それでは珈琲ライフを楽しみましょう

 

おしまいっ。

 最強で最適な保存方法はこちらです

aozora001.hatenablog.com

 コーヒーの楽しさを知ろう

aozora001.hatenablog.com

広告を非表示にする