100歳時代に備えて、今からでも遅くない

f:id:Aozora001:20190916091640j:plain
高齢化社会の日本。「全国で100歳以上の人口って知ってますか?」

 

厚生労働省の調査を発表した人口は、はじめて7万人を超えたらしい。
人口は、今年で49年連続で増えています。
そうした中、男女の比率をみると88%と圧倒的に女性が多い。

 

増加の背景には、
体操などの健康促進、
若者の世話になりたくない理由で介護予防の取り組み
があげられている。

 

ちなみにもっとも人口が多いのが

  1. 東京
  2. 神奈川
  3. 大阪

となってます。

 

先日あるCMのキャッチフレーズで、
「これからの保険は100歳まで備えよう 人生100年時代」と。

 

医療技術もどんどん発達して、なかなか人間は死ななくなったと思う。
それに「いつまでも健康でありたい」と思う気持ちがあるのだろう。

 

はたして、未来の日本はどうなるのだろうか?
考えてみた

 時代は100年

f:id:Aozora001:20190916091751j:plain
平均寿命が延びるとたいへんなことになるだろう?とわたしは考える。

 

健康も大事だが、なによりお金が必要である。

 

現時点でほとんどの企業が65歳定年ですが、今後は定年70歳まで延長するかもしれません。
70歳まで働くとなると、体力にしんどいですね。
日頃から、食生活など見直して、定年までしっかりと働けるよう心がけしましょう。

 

こればっかりはわかりません・・・。

 

定年後に思いつくのは・・・気になる年金。
でもほんとうに、年金がもらえるか心配。
ひょっとしたら年金は、貰えないかもしれない。

 

この先どうなるか・・・。
やはり、国にたよらずに、自分で稼ぐしかないのだろうか?

体を鍛えよう

f:id:Aozora001:20190916092730j:plain

歳をとると、足腰などの関節痛が増えます。
原因は筋肉の衰えと聞いたことがあります 


やっぱり普段から体を鍛えないととダメみたいです。

 

そこで全国に広がりはじめてるのが・・・100年体操です


いきいき百歳体操

軽い筋トレなので、毎日続けられそうです。

最後に

f:id:Aozora001:20190916095105j:plain

100歳を生き抜くには、お金と健康が大事ですね。

 

今後ますます高齢化社会になるだろう。
国は安心して暮らせるやさしい制度を、今すぐ見直ししてほしい

 

「100歳なんてまだ早いよ」って思ってても、歳をとるのはあっという間。今のうちに備えましょう。