今日は、これを伝えよう。

人生 笑って楽しもうよ

個性的な世界のコーヒー豆4品はすごく美味しかったです

世界にコーヒー豆は150種類あると言われてます。

個性的な珈琲豆は、いつもドキドキ、ワクワクするわたしを楽しませてくれてます。

aozora001.hatenablog.com

 

今回淹れたコーヒー豆はどれもすごく個性的です。

もしかすると「これ飲んだことある」って豆があるかもしれません。

それでは紹介します。 

【目次】

ブラジル産

【プレミアム・ショコラ】

お店からの情報はこんなコーヒー豆です

ブラジルらしいナッツ系のフレーバーと素晴らしい甘みが特徴です。酸味はマイルドで甘みのある優しいフレーバーを口の中で長く感じます。 

実際に淹れてみました

ぷっくりと丸みが特徴のコーヒー豆です。チョコではなく、どちらかと言いますと、お店の店長が言われてましたナッツ系で、とても甘いフレーバー(香り)です。

 

味わいは丸みのある苦みが口の中で「フワッ」と広がります。だけどすっきりとして、とても飲みやすいコーヒー豆です。酸味はあまり感じられません。

 

ブラジルのコーヒー豆は、酸味と苦みを比べると苦みがあるのが特徴です。ナッツ系のコーヒー豆を始めて淹れて、他のブラジル産よりはなんとなく優しい感じです。

 

インドネシア

スマトラ・マンデリンG1】

お店からの情報はこんなコーヒー豆です

芳醇なコクと甘み、飲んだ時に広がる深みのある上品な味わいと香り、後口に残らない透明感のある苦みが特徴です。

実際に淹れてみました

「何だろう?」なんとなくフルーティーを思わすような甘いフレーバーで、スッキリとした苦味は、後口に残らず飲みやすいです。

 

前回淹れたインドネシア産のマンデリン・リントン・グランレイナと苦みを比べると少しだけ和らぎます。

 

インドネシア産はどれもコクがあって、苦みがあるのが特徴です。苦いコーヒーが好きな人にはぜひ飲んでほしいコーヒー豆です。

 

エチオピア

【グジ・クオリティワン】

お店からの情報はこんなコーヒー豆です

エチオピア・モカは、柑橘系の香りが特徴ですが、グジ・クオリティワンは、香りに加え、口の中で広がる甘みが感じられます。香りとほのかな酸味、甘み、旨みを楽しめるのが魅力のエチオピア・モカです。

実際に淹れてみました

ぷっくり丸みのあるコーヒー豆で、どことなくフルーティーを思わすフレーバーのようです。味わいは苦みはさほど感じられません。どちらかと言いますとすっきりとした酸味が特徴です。

 

飲んだ瞬間、すっきりとした酸味にちょっと驚いた。これぞ「モカ」って感じです。ブラジル産とは正反対の味なので、いろんなエチオピア産の豆を楽しむのもイイのではないか思います。

 

ペルー産

マチュピチュ

お店からの情報はこんなコーヒー豆です

マイルドで、優しい味わいのバランスがとれたコーヒー豆で飲みやすいです。 

実際に淹れてみました

なんとなくキャラメルのようなフレーバーで、酸味と苦みのバランスもよく、後口も優しい感じで初めて飲まれる方におススメです。 

 

まとめ 

どの豆もほんと個性的で、もう一度飲んでみたいです。中でも一番のおススメはブラジル産のサントス・ショコラ。他のブラジル産の豆にはない甘いフレーバーがとても好きになりました。

 

朝に淹れるコーヒーならおススメはインドネシア産のスマトラ・マンデリンG1です。「ガツン」ときく苦みは眠たい目をしゃきとしてくれます。

 

家でケーキなど食べながら、淹れるとするならエチオピア産のグジ・クオリティワンかな。ケーキの甘みとコーヒーの酸味が絶妙に上手い。

 

今日はこのへんでおしまい。

 

【コーヒーの関連記事】

aozora001.hatenablog.com

 

aozora001.hatenablog.com

 

aozora001.hatenablog.com

 

広告を非表示にする