今日は、これを伝えよう。

日々思ったこと、気が付いたこと。ただの雑記ブログ

本格コーヒーには3つの楽しさがあるからハマってます!

日常で欠かせない飲み物と言えば、わたしが一番に浮かべるのが、「コーヒー」。ほぼ毎日飲んでいて楽しんでいます。「えっ?コーヒーを楽しむ?」と思われる人もいますよね。コーヒーは飲むものでじゃないのかと・・・

 

本格コーヒーのハンドドリップコーヒーを始めて3年。出来た味も最初はばらついてましたが今は安定して淹れることを楽しんでます

 

去年のはじめだったか?サードウェーブコーヒーが流行りましたね。そのきっかけでハンドドリップコーヒーが人気沸騰し、今では雑貨店などでいろんな種類のコーヒーアイテムが売られています。そんなコーヒーアイテムを見てるだけで珈琲好きな私はワクワクして楽しくなります。

 

それでは、コーヒーを飲むものではなく、コーヒーの楽しさって何でしょうか?

 

きっとあなたも珈琲の虜になるのでは。ではさっそく

【目次】

コーヒー豆を買う楽しさ

いろんなお店で売られてますコーヒー豆。おススメはやっぱり自家焙煎の店。

自家焙煎のお店ってちょっと入りにくいなぁっと思われる人もいますよね。わたしは「初めてきました~」っと言いながらお店に入ったら、丁寧に教えてくれましたよ。

 

お店に入ると、たくさんの珈琲豆があって、どれを買うかいつも迷ってしまいます。でもこれも買い物の楽しみのひとつではないでしょうか。新しく入荷してまだ飲んだことがない豆や珍しい豆、それからもう一度飲んでみたい豆 他にもお店の人がすすめる豆などたくさんあります。

 

そんな私はいつも「今日はどの豆にしようかなー」なんていいながらお店の人と会話を楽しみながら珈琲豆を選んでます。

 

コーヒーを淹れる楽しさ

家ではハンドドリップコーヒーを淹れてます。コーヒーケトルでお湯を沸かし、買ってきたばかりの珈琲豆をコーヒーグラインダーで豆を挽いて、ハンドドリップする。お湯の温度を計り、挽いた豆にお湯を注ぐと、新鮮な豆なら「ぷくー」と膨れる。そのあと決められた量までお湯を注ぐ。

 

 毎回、豆の膨らみ具合から淹れ終わるまで、豆の状態が違います。そんな違いを淹れながら楽しんでます。

 

それから繊細なハンドドリップコーヒーは、お湯の温度の違いや豆の挽き具合、それからお湯を注ぐ速さなどで出来上がるコーヒーの味はずいぶんと変わります。これがハンドドリップの醍醐味であり、楽しいところ。

 

味を楽しむ

コーヒー豆は世界で150種類ぐらいあります。南米、中南米、アフリカ、インドネシア、ハワイ、インドなどたくさんの国で作られてます。そして国によって珈琲豆の味は違います。いろいろな国の珈琲豆を淹れるといろんな味を楽しめますね

 

例えばブラジル産は苦みが強い豆、逆にアフリカ産は酸味が強い豆が多いですね。グァテマラは苦みと酸味のバランスがイイですね。それから香りも違います。フルーティな香り、ビターチョコの香りとさまざまです。

 

それから同じ生産国の豆でも微妙に味が違うのもまた楽しいですね。

世界各国のコーヒーの味を楽しめる。これまた本格コーヒーの楽しさのひとつでしょう。

 

部屋が喫茶店のように・・・

街の喫茶店に入るとコーヒーの香りがしますよね。家でもコーヒーを淹れるとほのかに香るコーヒーはリラックス効果があって癒されます。

嫁も「あーコーヒーのいい香り」って笑顔になりますね。その笑顔が淹れた珈琲をさらに美味しくされます。

 

最後に

コーヒーの味は奥深いです。本格珈琲の淹れかたはハンドドリップのほかに、ネルドリップ、サイフォン、フレンチプレスがあります。淹れかたの違いでコーヒーをもっと楽しめます。

 

本格珈琲は奥が深いです。特にハンドドリップはそう思います。逆に言えば奥が深いから、はまると面白いし楽しいのです。

 

皆さんもはじめてみませんか?楽しいですよ。

 

おしまいっ。

 コーヒーの関連記事はこちら

aozora001.hatenablog.com

 

 

aozora001.hatenablog.com

 

広告を非表示にする